過去の記事一覧

  1. 相続

    相続法改正⑥特別寄与料の請求制度の創設

    今回は、実務では非常に使用頻度が高いと想定される、「預貯金債権の仮払い制度の創設」についてお話させていただきます。【目次】1.特…

  2. 相続

    相続法改正⑤預貯金債権の仮払い制度の創設

    今回は、実務では非常に使用頻度が高いと想定される、「預貯金債権の仮払い制度の創設」についてお話させていただきます。【目次】1.預…

  3. 相続

    相続法改正④自筆証書遺言の記載方式の緩和に関する改正2

     今回は、2019年1月13日から施行された「自筆証書遺言の記載方式の緩和に関する改正」についてお話させていただきます。【目次】…

  4. 相続

    相続法改正③自筆証書遺言の記載方式の緩和に関する改正1

     今回は、2019年1月13日から施行された「自筆証書遺言の記載方式の緩和に関する改正」についてお話させていただきます。【目次】1.…

  5. 相続

    相続法改正②残された高齢配偶者を守る「特別受益」

     配偶者の居住する権利を確保する方策が今回の相続法改正の目玉となっています。配偶者居住権が一番ホットな話題となっていますが、方策はこれだけではありません。遺…

  6. 相続

    相続法改正⓵残された高齢配偶者を守る「配偶者居住権」

    2018年7月、相続法制の見直しに伴い「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律」と、法務局にて遺言書を保管するサービスを行うことを主な内容とする「法務局にお…

  7. 相続放棄

    相続放棄期間三ケ月が過ぎてしまった場合と間に合わない際の対処法

    相続放棄手続きというのは、原則三ケ月間以内にする必要があります。しかしながら亡くなった後というのは、葬儀・告別式・人によっては関係先へのあいさつ回りなど…

  8. 相続放棄

    遺産放棄(財産放棄)について自分が選ぶべき方法や相続放棄との違い

    夫や父親が高齢で入院中・会社の会長的存在の方が入院中といった方の中には、遺産をどう扱っていくか検討中の方がいらっしゃいます。あまり大きな貯金とかはなさそうだ…

  9. 相続放棄

    相続放棄で裁判所にて行われる様々な手続きや流れを解説

    相続放棄をする必要があるとなった時に、要領に慣れていない方が少なくありません。この要領に「手続き場所は裁判所」という考慮点があります。ここでどこの裁判所に提…

  10. 相続放棄

    借金の遺産はどうするの?相続放棄や限定承認について解説

    相続において一般的にプラス資産があれば喜ばしいことと思われがちですが、中には借金のみが残りどう処理していけばよいか途方に暮れる方もいらっしゃいます。家族・身内・…

最近の記事

おすすめ記事

  1. 借地権の相続放棄〜借地上の故人名義の建物はどうなる?
  2. 「老老介護」の先にある「老老相続」の問題点とは
  3. 納税義務承継通知書が届き相続発生を知った場合の注意点
  4. 空き家が相続財産に含まれる場合の問題点と解決方法
  5. 事業承継と相続対策~ 中小企業経営者が生前にできること ~



  1. 相続

    相続法改正②残された高齢配偶者を守る「特別受益」
  2. 相続放棄

    空き家が相続財産に含まれる場合の問題点と解決方法
  3. 相続放棄

    相続放棄期間三ケ月が過ぎてしまった場合と間に合わない際の対処法
  4. 相続

    相続法改正⑥特別寄与料の請求制度の創設
  5. 相続

    相続法改正③自筆証書遺言の記載方式の緩和に関する改正1
PAGE TOP