相続放棄

  1. 相続放棄すると新たな相続人が増える?次の相続人とは?

    相続財産にはプラスの財産だけでなく、借金や滞納した税金などマイナスの財産も含まれます。相続財産は必ず相続しないといけないというきまりはなく、「相続放棄」という法…

  2. 親名義の実家(不動産)を相続しない方法とメリット・デメリット

    ご両親の死亡により相続が発生し実家不動産を相続したものの、現在の住まいから実家が遠くかつご自身が自宅不動産を所有している場合、相続しても実家に移り住まないケース…

  3. 借地権の相続放棄〜借地上の故人名義の建物はどうなる?

    マイホームを建てる場合や事業をされている方で事務所や店舗を建設する場合、土地を所有していればその土地上に建てることができますが、所有していない場合は土地を確保し…

  4. 納税義務承継通知書が届き相続発生を知った場合の注意点

    ある日郵便ポストに身に覚えのない封筒が届いた・・・よくあることです。企業からのダイレクトメールや、銀行や郵便局や保険会社からのものである場合がほとんどで…

  5. 空き家が相続財産に含まれる場合の問題点と解決方法

    日本全国に増え続ける空き家。誰も住むことのない家を相続し、所有することになった際の金銭的負担は、決して軽いものではありません。特に、土地付き一軒家を相続…

  6. 相続放棄の費用相場を自分で行う場合と専門家に依頼する場合を解説

    両親や親戚など身近な親族の相続が近い将来生じる可能性がある場合、相続について考え始める方は多くいらっしゃるのではないかと思います。特に、お亡くなりになり…

  7. 相続放棄期間三ケ月が過ぎてしまった場合と間に合わない際の対処法

    相続放棄手続きというのは、原則三ケ月間以内にする必要があります。しかしながら亡くなった後というのは、葬儀・告別式・人によっては関係先へのあいさつ回りなど…

  8. 遺産放棄(財産放棄)について自分が選ぶべき方法や相続放棄との違い

    夫や父親が高齢で入院中・会社の会長的存在の方が入院中といった方の中には、遺産をどう扱っていくか検討中の方がいらっしゃいます。あまり大きな貯金とかはなさそうだ…

  9. 相続放棄で裁判所にて行われる様々な手続きや流れを解説

    相続放棄をする必要があるとなった時に、要領に慣れていない方が少なくありません。この要領に「手続き場所は裁判所」という考慮点があります。ここでどこの裁判所に提…

  10. 借金の遺産はどうするの?相続放棄や限定承認について解説

    相続において一般的にプラス資産があれば喜ばしいことと思われがちですが、中には借金のみが残りどう処理していけばよいか途方に暮れる方もいらっしゃいます。家族・身内・…

最近の記事

最近の記事

  1. 相続放棄すると新たな相続人が増える?次の相続人とは?
  2. 親名義の実家(不動産)を相続しない方法とメリット・デメリット…
  3. 限定承認の費用相場と生前・死後手続きの違いも合わせて解説
  4. 借地権の相続放棄〜借地上の故人名義の建物はどうなる?
  5. 「老老介護」の先にある「老老相続」の問題点とは

カテゴリー

  1. 相続

    相続法改正⑤預貯金債権の仮払い制度の創設
  2. 相続

    相続法改正⑨ 相続法改正! 遺留分制度に関する改正について(後編)
  3. 相続放棄

    借金の遺産はどうするの?相続放棄や限定承認について解説
  4. 相続放棄

    遺産放棄(財産放棄)について自分が選ぶべき方法や相続放棄との違い
  5. 相続

    相続法改正②残された高齢配偶者を守る「特別受益」
PAGE TOP